• 東京学芸大学大学史資料室

東京学芸大大学開学記念式典/東京学芸大学発足の経緯      2022年5月

 現在、大学史資料室では、常設展示「東京学芸大学のあゆみ 東京学芸大学の創設とキャンパスの移り変わり」を開催中です。「今月の學藝アルバム」では、常設展示の展示物について紹介していきます。

 1949年の東京学芸大学開学記念式典の写真です。向かって右側に「東京學藝大學」、左側に「東京第一師範學校」、「東京第一師範學校男子部附属中學校」の門標が掲げられています。師範学校から新制大学への移行期を象徴する写真です。東京学芸大学開学当時は、世田谷分校(現在の東京学芸大学附属高等学校)に大学の本部が置かれていました。



岩下富蔵著『東京学芸大学発足の経緯』(1951年)です。本学が発足した経緯をまとめた手書き原稿です。戦後教育改革の中で戦前の教育を支えた師範教育は批判され、大学における教員養成への転換が図られました。都内の師範学校統合案が示されてから、それを具体化していく過程が記されています。

Wave
logo_h.png
学芸大キャンパス・時計台 (002).JPG
『校友』(第6号1929年、第18号1934年).jpg

​WEBギャラリー

東京府女子師範学校・校舎.jpg
大学史資料室第一回展示会(2013年).jpg
図書館(20201201)午後④_edited.jpg