​東京学芸大学の歴史 ー『大学史テキスト』からー

 東京学芸大学の起源は、その系譜をたどると1873(明治6)年創設の東京府小学教則講習所にさかのぼります。ここでは150年近い本学の歴史を、2018年に大学史資料室が発刊した『東京学芸大学大学史テキスト』から紐解いていきます。

『東京学芸大学大学史テキスト』は大学史資料室HPで公開しております。こちらからも全文を​ご覧いただけます。 

東京府師範学校 内幸町時代の校舎平面図.jpg

​師範学校のはじまり

​東京学芸大学の前身である「師範学校」はどのように誕生したのでしょうか。

東京府女子師範学校・校舎.jpg
東京学芸大学の歴史用③.jpg
開学祭

東京学芸大学の発足と展開

​1949年5月31日、東京学芸大学は発足しました。師範学校はどのように統合され、現在の大学の形になっていったのでしょうか。

​戦時下の師範学校

​軍国主義的な傾向が強まる中、師範学校はどのように変わっていったのでしょうか

​師範学校の発展

​1900年代になると、東京府内にいくつかの師範学校が誕生します。それらはどのような学校で、どう発展していったのでしょうか。

Wave
logo_h.png
学芸大キャンパス・時計台 (002).JPG
『校友』(第6号1929年、第18号1934年).jpg

​WEBギャラリー

東京府女子師範学校・校舎.jpg
大学史資料室第一回展示会(2013年).jpg
図書館(20201201)午後④_edited.jpg