• 東京学芸大学大学史資料室

学芸大正門前の桜並木       2021年4月


                    正門前の桜並木の様子 2021年3月24日撮影


 東京学芸大学の前身校の一つである東京第二師範学校(元・東京府豊島師範学校)は、もとは豊島区西池袋にありましたが、1945年に空襲による火災で施設が焼失し、1946年に現在大学がある小金井に移転しました。移転先はもともと陸軍技術研究所があった場所です。その後1949年に、東京第一・第二・第三師範学校および東京青年師範学校を統合し、東京学芸大学が設置されました。

 学芸大正門前の桜並木は、1941年の陸軍技術研究所開設時に植えられたもので、現在も学芸大の春を彩っています。


                        本部棟前の桜 2021年3月26日撮影


本部棟前をはじめ、学内にはたくさんの桜の木が植えられています。


Wave
logo_h.png
学芸大キャンパス・時計台 (002).JPG
『校友』(第6号1929年、第18号1934年).jpg

​WEBギャラリー

東京府女子師範学校・校舎.jpg
大学史資料室第一回展示会(2013年).jpg
図書館(20201201)午後④_edited.jpg