• 東京学芸大学大学史資料室

ケヤキ広場        2021年5月


                               2021年4月19日撮影

 東京学芸大学小金井キャンパスは、1950年代後半から1960年代にかけての時期に、建物の建て替えや環境整備が行われ、現在のキャンパスの原型が形作られました。現在ケヤキ広場となっている場所は、元はオープンスペースでしたが、1964年にケヤキが植樹され、広場が造成されました。2014年、天然木のウッドデッキが施工され、学生や教職員による彫刻作品などの展示も行われています。

 学生・教職員はもちろんのこと、地域のみなさまにも愛される憩いの場です。


                   出典:「昭和44年撮影 創立20年誌写真資料」

                               2021年5月6日撮影

 上の写真は、1969年に中央6号館(旧・人文社会2号館)辺りから撮影された写真です。奥の建物は中央1号館(旧・自然科学1号館)です。下の写真は、角度は違いますが同じ方向から撮った現在の写真です。1969年当時は細かったケヤキの木が大きく育っているのがわかります。


Wave
%E8%B3%87%E6%96%99%E5%AE%A4%E3%83%9E%E3%

東京学芸大学大学史資料室

​WEBギャラリー

学芸大キャンパス・時計台 (002).JPG
『校友』(第6号1929年、第18号1934年).jpg
東京府女子師範学校・校舎.jpg
大学史資料室第一回展示会(2013年).jpg
図書館(20201201)午後④.jpg